見学体験

美和中学校1年生 見学

 

H25年8月28日、静岡市葵区の美和中学1年の生徒さん15名が見学にいらしてくださいました。

見学の目的は「地域産業であるお茶の知識について深めると共に、『仕事観』『職業観』を生徒たちに感じさせたい」とのことでした。

 

美和中学1

美和中学6

美和中学7

工場に入る前、エアーシュワーを浴びて

美和中学2

 

美和中学3

 

美和中学4

 

美和中学5

 

マイナス40℃の冷凍庫にて

美和中学8

 

美和中学9

 

美和中学10

 

 

美和中学1年生 アンケート結果

 1、家でお茶を飲みますか?  一日に何杯ぐらい飲みますか?

緑茶  11人

1日に1杯 1人

3杯 6人

5杯 3人

10杯 1人

麦茶   4人   1日 3杯 4杯 5杯 20杯

 

2、急須でいれたお茶を飲みますか?  ペットボトルのお茶ですか?

緑茶と答えた11人中

急須 8人  ペットボトル 2人 両方 1人

 

3、見学をして、感じたこと、学んだことがありましたら、教えてください。

 抜粋

・お茶を作るのには色々な工程があり大変だと思った。袋に印刷したり、袋詰めの作業を初めて見て面白かった。毎回、同じお茶が飲めるように保存の仕方・冷蔵庫がすごかった。

・お茶は飲む人のことを考えて美味しいお茶になるように、色々なことに気を付けていると感じました。例えば、お茶が温度に弱いのでマイナス5℃やマイナス40℃冷蔵庫に入れたり、酸素にふれないように真空にしたり、窒素を入れたりしていました。

・お茶を作るためには、色々な機械で作っていることが分かった。衛生面にも力を入れていることが分かった。

・細かい作業がたくさんあり、沢山の機械があったが、機械だけに頼らずに人間の手で細かく作業していたのがすごいと思った。

・お茶を厳しくチェックしたり、色々な機械を使って袋に入れていることなど、初めて知ったことがたくさんあった。

・ふだん飲んでいるお茶はたくさん手間がかかっていて、私たちの口に運ばれるまで大変なんだということを改めて実感しました。

 

4、茗広茶業の印象はいかがですか?

抜粋

・お茶とてもお茶を大切にしているなと思いました。一つ一つていねいに手早く仕事をしていていいと思います。

・衛生管理が徹底されていて、安心・安全なお茶が作られていると感じました。袋詰めも、品質が保持できるようになっていたので、美味しく飲めるような工夫がされていて良いと思いました。

・教えてくださった方がとても親切で、分かりやすく教えてくださったので、嬉しかったです。本当に目の前で大きな機械を見ることができて良かったです。

・とても美味しいお茶をたくさん作っていて、人間的にもやさしい人たちが沢山いる。そして、お茶を作るとき、とても真剣にやっていて、いい印象でした。

・工場がきれいで、お茶の事も丁寧に教えてもらい、とてもよかったです。

 

茗広茶業では、「安心・安全なお茶を、出来得る限りの技術と心配りをもって、最高の状態で提供したい」との信念をもち、社員一同 仕事をしております。

その一端を、見学して感じて戴けたことを嬉しく思います。

 

お忙しい中、先生にもアンケートにご協力いただきました。

1、茗広茶業の印象はいかがですか?

ほこり等も見られることなく、衛生面やお茶に対して本当に気を使っていらっしゃるのだというのがうかがえました。実際の様子を見ることができ私も勉強になりました。

 

2、子供たちの様子はいかがでしたか?

最初のお話をうかがう所、実際に見学する所で真剣にうなずきながら聞いている生徒が印象的でした。見学の中で学校で勉強したことから新たに知る面にとても勉強になったようです。

3、見学に関して、当社に望まれることはありますか?

今日のように実際に体験や実際の様子をうかがえるものが本人たちにとっても普段見れないので勉強になると思います。

 

4、子供たちのお茶離れが問題になっておりますが、どう思われますか?

静岡はお茶の郷です。是非小さい頃から親しんでほしいです。

 

5、お茶離れへの対策を思惟しております。

教育の場において、企業として何かお手伝いできることはあるでしょうか?

本校ではお茶学習を教育の一つとして行っています。実際の流通の方から貴重なお話を頂けるのはとてもすばらしいと思います。

 

美和中学11



見学体験」の記事一覧に戻る