見学体験

静岡大学学生 インターンシップ

 

2013年8月の4日間、静岡大学教育学部2年生の方がインターンシップにみえました。

将来の夢は教師。

社会勉強に役立たせたいと、色々な仕事に一生懸命取り組んでいらっしゃる姿が印象的でした。

 

インターン1-1

 

茗広茶業の印象はいかがですか?

人数が多いにもかかわらず、社員の方の連携がスムーズにされていると感じた。

商品や分野の幅が広く、“新しいお茶”に挑戦しており、BtoBの企業として、相手企 業に満足してもらえるような商品を提供していると思った。

 

インターンをされて、感じられたこと、学ばれたことがあったら、教えてください。

朝から晩まで働くということの大変さを実感した。

また、お茶作りからお茶企業の現状までを理解した。

特に、消費者の裏側で企業が連携して商品作りを行っていることが、改めて分かった。

 

インターンをされて、将来のお仕事に役立つことはありましたか?

会社全体で情報や課題を共有することの重要性に気づき、報告・連絡・相談が、どの場面でも必須になると思った。

 

緑茶に対する印象は変わられましたか?

煎茶以外の売り方を知り、煎茶に関しても自分の身近にあるものが、こういう過程を踏んで作られていると知った。

これからもっと緑茶に親しんで、その楽しみを見つけたいと思う。

 

インターン1-2

 



見学体験」の記事一覧に戻る